【旅行記】南米4ヵ国ひとりたび(2017/09/14~26)3日目 〜 イグアスの滝(アルゼンチン側)観光編

 南米ひとりたび3日目。この日は 2017/09/16 (土)。

 南米ひとりたびのこれまでの話は以下の記事をどうぞ!

  この日は以下を見て回りました。(概要編の再掲)

・9/16(土)
  [ホテル] ポサダ エル シャダイ → [観光] イグアス国立公園 → [ディナー] Churrascaria e Pizzaria Tropicana

 地図にするとこんな感じ。(地図の左上のメニューから日別に表示したり、具体的な場所の情報が見れます)

 朝6:30起床。しばらくゴロゴロして7:00にベットから起きる。昨日は機内泊からのイグアスの滝観光で、最後はヘロヘロだったけど、8時間以上寝れたのでそこまで疲れは残ってない。

 朝食があることをチェックイン時に教えてもらっていたので、7:30に朝食会場へ。パン、ハム、チーズ、卵、ソーセージ、簡単な朝食だけど、朝食はないものと思っていただけにこれはありがたい。美味しかった!

f:id:shoumatch:20200731150734j:plain ツアーは8:30にフロント集合なので朝食後は少し時間に余裕がある。部屋でのんびりしようと思っていたら、8:15頃にフロントの人が部屋まで来て、迎えがきたことを伝えに来たので慌てて出発。そのせいか、アルゼンチン用のGlobal Wifiと、スペイン語の英単語帳を忘れてしまった。Global Wifiがないから今日はずっとオフラインだな。

 このホテルからは、若い男性1人、老婦人1人、私の3人が参加する。ツアースタッフは男性ドライバー1人。この方がアルゼンチン側のイグアスの滝への送迎と、チケット購入の対応をしてくれるようだ。若い男性とドライバーの方が仲良さげに話をしている。この若い男性の方もスタッフの方なのだろうか。これは最後までわからなかった。

 ホテルを出発し、2件ほどホテルを巡って、パラグアイ人のグループを乗せてバスは出発。みんな初対面のはずなのに、初対面とは思えないほどに車内は会話で賑わっている。これは南米特有の陽気な国柄によるものなのかな。日本ではまず見かけない光景だ。

f:id:shoumatch:20200731150858j:plain 会話はスペイン語。私にも何度か話しかけて来たが、私が英語オンリーだとわかると、話しかけては来なくなった。とはいえ、お互いに笑顔やジェスチャーでコミュニケーション。言葉が通じなくても、分かり合える部分はある。こういうの、何気に嬉しいんだよね。

f:id:shoumatch:20200731150951j:plain ドライバーの兄ちゃんも言葉はスペイン語のみで英語は話せない。ドライバーの兄ちゃんとは会話しないといけなかったが、会話する内容は限られているから、なんとかなる。

 ブラジルとアルゼンチンの国境に到着。
f:id:shoumatch:20200731150820j:plain
 ここでパスポートを渡すように言われる。ドライバーの方が一括で出国手続きをしてくれるようだ。正直言って、パスポートの原本を知らない人に渡すのはとても怖い。他の人も渡しているので、大丈夫だとは思うんだけど、やっぱり怖い。とはいえ渡さないと先に進めないので、ドライバーの兄ちゃんにパスポートを渡す。うん、怖い。

f:id:shoumatch:20200801202548j:plain 手続きに時間がかかっているのか、30分くらい待った気がする。確かに混んでたね。休日だからかな。みんな車外に出て暇をつぶす。ちなみに下の写真の人たちが一緒にツアーに参加した人たち。

f:id:shoumatch:20200801202503j:plain アルゼンチンに入国して少し走ると、今度は警察の検問に合いしばらく停車。ドライバーと警官で何やら話をしている。スペイン語なので何を話しているかはわからないけど。その間、若い男性からシートベルトを閉めるように言われる。パラグアイ人の人は何やらお金をドライバーの方に渡している。

 そのようなやりとりがあった後に車は検問を突破。パラグアイ人の方が渡していた現金は、あれは何かの罰金なのか、それとも賄賂かなにかか。。。

 10:00過ぎにアルゼンチン側のイグアスの滝国立公園に到着。

f:id:shoumatch:20200731151045j:plain

f:id:shoumatch:20200731151129j:plain 17:00に公園の入口に戻ってくるように言われる。もちろんスペイン語での会話だったが、ジェスチャーを駆使してなんとか意図を読みとる。

f:id:shoumatch:20200731151214j:plain

f:id:shoumatch:20200731235830j:plain 若い男性が我々一行を誘導してくれて、受付をしてくれた。チケットをゲット!

f:id:shoumatch:20200731151937j:plain ちなみに、私はジャングルドライブツアーと滝壺へ潜るボートツアーに申し込んでいて、まずはそれに参加することになっている。このツアーに参加するのは、その若い男性と私の2人だ。

f:id:shoumatch:20200731151354j:plain 若い男性の誘導に従って一行は公園内の中を進む。アルゼンチン側のイグアスの滝は鉄道が走っていて、みんなで鉄道に乗って移動だ。公園内の鉄道なのでもちろん無料。

f:id:shoumatch:20200731151508j:plain

f:id:shoumatch:20200731151523j:plain
 次の駅で若い男性と私が降りる。ここで他のメンバーとはお別れ。他のメンバーはどうやら、鉄道の終点にある「悪魔ののどぶえ」に向かうようだ。「悪魔ののどぶえ」はアルゼンチン側イグアスの滝でのハイライトとなる有名な展望台だ。私も「悪魔ののどぶえ」を見るのをすごく楽しみにしている。

f:id:shoumatch:20200731151608j:plain 若い男性と私でツアーの集合場所に向かう。集合時間は11:45で意外と時間がない。特に寄り道することなくまっすぐに集合場所に向かう。

f:id:shoumatch:20200731151755j:plain その若い男性はスペイン語しか話せなさそうで、基本的にその方とは会話はなし。とりあえず、後ろについて歩いて行く。まぁ、親指を立てるジェスチャーだけ、Yesという意思は伝えられるので、なんとかなっている。

 集合場所には20人くらい集まっていたかな。ジープに乗って出発だ。

f:id:shoumatch:20200731152122j:plain

f:id:shoumatch:20200731151713j:plain ガイドの人はスペイン語と英語で解説をしてくれる。とはいえ、英語もあまり聞き取れなかったから、内容は全然頭に入ってこなかった(笑

f:id:shoumatch:20200731152152j:plain

f:id:shoumatch:20200731152211j:plain ジャングルドライブツアーのあとはそのままボートツアーだ。

f:id:shoumatch:20200731152354j:plain 昨日買ったポンチョと水着になって乗り込む。もちろん水着は事前に着用済みね。防水バックを渡され、それに荷物一式を詰め込む。簡易なビニール袋を想像していたけど、ガチの防水袋だった。これほどのものじゃないと防げないような場所に行くということか。

f:id:shoumatch:20200731152430j:plain 複数のボートに分かれて乗り込む。ここで一緒だった若い男性とお別れ。ちょうどよくボートの先頭に座ることができた。特等席!ラッキーだ!

f:id:shoumatch:20200731152506j:plain 川を遡って滝へ目指す。周囲が崖に囲まれている中を進んで行く。これだけでもなかなかの光景だ。周囲からも歓声が上がっている。

f:id:shoumatch:20200731152541j:plain 滝の真下から見上げた光景が何とも迫力がある。そのまま滝の下に突っ込んで行くので、全身に水をかぶる格好となる。なるほど、これはガチな防水袋がないと意味がないね。ポンチョ&水着で本当によかった。

f:id:shoumatch:20200731152611j:plain こういうところにこれから突っ込んでいくんだね。
f:id:shoumatch:20200731153158j:plain
 滝に突っ込む前にスタッフの方から、防水袋に気をつけることと、フードをしっかりかぶるようにとアナウンスされる。とはいえ、この時点でも水しぶきを大量に浴びてビショビショ状態なんだけどね。

f:id:shoumatch:20200731152854j:plain 滝の中に突っ込む。写真は訳がわかんないね。いやーダイナミック。

f:id:shoumatch:20200731152733j:plain 水しぶきがすごいので目が開けられない。興奮して何度か叫んでしまったが、口の中に勢いよく水が大量に入ってくる。何度か飲んでしまった。大自然の水。スリリングで面白い。これはいいね!

f:id:shoumatch:20200731152642j:plain

f:id:shoumatch:20200731153340j:plain ボートツアーを終えて、乗り込んだ場所とは別な場所で降ろされる。楽しかったー。

f:id:shoumatch:20200731153412j:plain 若い男性が見当たらない。先に進んだようだ。ということで、ここから一人行動の開始だ。この時点で時刻は13:30。集合は17:00で、戻る時間を考えると、あと自由に動ける時間は2時間半ってところかな。そんなに時間はなさそうだ。

 アルゼンチン側のイグアスの滝に来たからには、やっぱり「悪魔ののどぶえ」は満足するまで眺めていたい。残り時間を考えると、ランチは抜きにして向かった方が良さそうだ。

 今の格好はポンチョに水着という姿だ。歩き回る前にとりあえず着替えなくては。

f:id:shoumatch:20200731153604j:plain
 降りたところはトレイルの途中の道で、周囲に着替えられる場所はない。着替え場所を探しつつ、上着だけ羽織ってトレイルを進む。一緒に参加した人もそんな感じだ。

f:id:shoumatch:20200731153720j:plain

f:id:shoumatch:20200731153756j:plain アルゼンチン側のイグアスの滝にも当然ながらハナグマはいる。木陰の側からこんにちは!

f:id:shoumatch:20200731153934j:plain トレイルを歩いていて見つけたんだけど、これ竹だよな。南米にも竹は生えているんだな。
f:id:shoumatch:20200731234045j:plain トイレを発見したのでそこで着替える。着替えたあとで向かうは、楽しみにしていた「悪魔ののどぶえ」だ!

 駅に着くと、タイミングよく鉄道が来たので、それに乗り込み「悪魔ののどぶえ」の駅まで向かう。鉄道に乗っていると駅まで結構な距離があるように思えたんだけど、歩いている人もかなりの数がいた。駅の間は歩いて行ける距離ではあるんだろうね。

f:id:shoumatch:20200731154136j:plain

f:id:shoumatch:20200731154150j:plain 駅に到着。駅から「悪魔ののどぶえ」までは1kmほどの距離がある。

f:id:shoumatch:20200731232244j:plain

f:id:shoumatch:20200731232301j:plain 道中に壊れた橋を発見。地球の歩き方によると、以前に洪水で破壊された時の残骸らしい。

f:id:shoumatch:20200731232414j:plain 「悪魔ののどぶえ」に到着!滝が真下に落ちるところを、すぐ側から眺めることができる。

f:id:shoumatch:20200731232603j:plain
 この光景は圧巻だね!滝の全体を眺めるならブラジル側だけど、間近で見るならアルゼンチン側だ。周囲からも歓声が上がっているが、滝の轟音でかき消されて微かに聞こえるくらいだ。

 やはり間近で見ると迫力が全然違う。本当にこんな光景が地球上に存在するとは。不思議に思う一方で、やはり地球は人間の想像を超えた存在なんだと改めて感じさせられてしまう。

f:id:shoumatch:20200731233110j:plain 滝の下のからは水しぶきが舞い上がってきていて、下を見下ろしても何も見えない。数10m下から舞い上がってくるとは、本当にすごい水量が流れ落ちているんだろう。地球の歩き方には毎秒6500トンの流量と書いてあったけど、この量はもはやイメージがつかないね。

f:id:shoumatch:20200731233154j:plain
 パノラマでも。

f:id:shoumatch:20200731235951j:plain 動画でも


 対岸にはブラジル側の国立公園の建物が見える。昨日はあそこにいたのだ。

f:id:shoumatch:20200731232728j:plain

f:id:shoumatch:20200731232805j:plain 1時間くらい見ていただろうか。ブラジル側で見ていた時もそうだったけど、見ていて全然飽きない。何を考えているわけでもなく、というか、轟音を全身に浴びているせいか、何も考えられない。ただ絶えず水が流れ、下に落ちて行く景色を眺めているだけだ。不思議とずっと見ていられる。なぜなんだろう。本当に不思議でしょうがない。

f:id:shoumatch:20200731234356j:plain

f:id:shoumatch:20200731234638j:plain 意味なく望遠レンズでも撮ってしまった。

f:id:shoumatch:20200731234514j:plain

f:id:shoumatch:20200731234527j:plain 時刻は15:30くらい。十分に「悪魔ののどぶえ」を堪能できた。そろそろ戻るとしよう。

f:id:shoumatch:20200731234904j:plain

f:id:shoumatch:20200801000028j:plain 駅に戻る途中、すごく綺麗な鳥を見つけたので思わず一枚。
f:id:shoumatch:20200731234937j:plain 駅に戻って鉄道に乗る。席の隣にはブラジル人(だと思う)のカップルが座っていたんだけど、いちゃつきぶりが半端なかった(笑 。さすが南米だ!

f:id:shoumatch:20200731235029j:plain 集合時間までは時間があるので、公園の入口の駅ではなく、その手前の駅で降りて、入口までは歩いて行くことにする。

f:id:shoumatch:20200731235509j:plain

f:id:shoumatch:20200731235107j:plain ハナグマさんこんにちは!

f:id:shoumatch:20200731235132j:plain 公園の入口まで続くトレイルはグリーンロードという名前が付いていて、普通に歩いて行けるようになっている。

f:id:shoumatch:20200731235349j:plain

f:id:shoumatch:20200731235318j:plain 17:00ちょっと前に公園の入口に着いた。本当に17:00集合なのかちょっと不安だったけど(言葉ではなくジェスチャーで読み取っていたので不安だった)、入口に若い男性がいたので一安心。

f:id:shoumatch:20200731235627j:plain

f:id:shoumatch:20200731235704j:plain パラグアイ人のグループは10分ほど遅れてやって来た。バスに乗ってホテルに戻る。

f:id:shoumatch:20200731235733j:plain 帰りは警察の検問に引っかかることなくスムーズに進む。

f:id:shoumatch:20200801000726j:plain さて、アルゼンチンとブラジルの国境だ。行きの時はドライバーの方が入出国の手続きを全てやってくれたけど、帰りのブラジル入国については、私本人での手続きが必要だった。

 陸路での入国手続きは初体験だ。とはいえパスポートを提示するだけで、特に質問をされることなく終わったので、とても楽な手続きだった。まぁ、日帰りだからそりゃそうだよね。
f:id:shoumatch:20200801000128j:plain

f:id:shoumatch:20200801000600j:plain 18:00頃にホテルに到着。ドライバーと若い男性の握手をして別れる。

 時刻はちょうど夕食どき。ちょっと休んで夕食を食べに行く。今日ももちろんシュラスコだ!昨日とは別なお店で”Churrascaria e Pizzaria Tropicana”というお店。昨日は少し高級感あるお店だったけど、今日はどちらかというと庶民的なお店だ。

f:id:shoumatch:20200801000243j:plain ホテルから少し距離があり、外も暗いので、治安的に大丈夫かなと思っていたけど、何も問題なかった。大通り沿いにお店はあったし、街灯も明るかったし、別に危険を感じることはなかった。(流石にビビりすぎかなぁ。)

 お店も結構人が入っていて賑わっている。

f:id:shoumatch:20200801000315j:plain 赤ワインを飲みつつ肉を食らう!食べ方は昨日学んだ。肉を美味しく食べれるペースで、肉を切り分けてもらう。そうでない場合は一旦"No"と言う。おかけで終始美味しくお肉を食べれることができた!やったぜ自分!

f:id:shoumatch:20200801000354j:plain このお店ではピザを焼いていて、焼きたてのピザをビュッフェ形式で食べれるようになっている。これもすごく美味しかった。サイドメニューも美味しくて、ピクルスやパスタはお代わりするほどに食べてしまった。

f:id:shoumatch:20200801000411j:plain たらふく食べて料金がR$60くらい。昨日のお店の半分くらいだったかな。私としては今日のお店の方がお気に入りだな。全部美味しかった!

 21:00過ぎにホテルに戻る。シャワーを浴びようとしたけど、水しか出なかったので、シャワーは諦め。明日の朝に浴びるとしよう。

 写真をSNSにあげようとしたら、いつの間にか寝落ちしてしまった。明日の夜に上げなおしだな。

 さて、明日はまたブラジル側のイグアスの滝を見て、マチュピチュに向けての移動だ。明日も楽しみ。

 3日目終了!4日目に続く!

【旅行記】南米4ヵ国ひとりたび(2017/09/14~26)2日目 〜 イグアスの滝(ブラジル側)観光編1

 南米ひとりたび2日目。この日は 2017/09/15 (金)。

 南米ひとりたびのこれまでの話は以下の記事をどうぞ!

 この日は以下を見て回りました。(概要編の再掲)

・9/15(金)
 [空港] フォズ・ド・イグアス - カタラタス国際空港 → [観光] イグアス国立公園 → [駅] Terminal de Transporte Urbano → [ホテル] ポサダ エル シャダイ → [ディナー] Bufalo Branco BBQ

 地図にするとこんな感じ。(地図の左上のメニューから日別に表示したり、具体的な場所の情報が見れます)


 2日目はフォズ・ド・イグアス カタラタス国際空港から開始。

f:id:shoumatch:20200711153819j:plain 丸一日かけて日本からここまでやって来た。今の時刻は2017/09/15の11:00(ブラジル時間)。日本を出発したのが2017/09/14の12:00(日本時間)なので、ちょうど1日って感じ。時差を最大限利用した移動だ。24時間以上飛行機に乗って、実質経過した日付は1日だけ。

 向かうはイグアスの滝国立公園だ。空港から国立公園までは近い距離にあって、バスが通っている。街の中心部とは反対側にあるため、ホテルには行かずに、荷物を持ったままイグアスの滝に向かうのだ。

f:id:shoumatch:20200719152130j:plain バス停で待機する。バス停に着いた時にちょうどバスが来たのだけど、行き先がわからず、誰も乗らなかったので様子を見ているとそのまま行ってしまった。後で気づいたんだけど、このバスはイグアスの滝行きのバスだったようで、他の人はみんな街の中心部に行くので乗らなかったようだ。

f:id:shoumatch:20200719152154j:plain 次に来たバスは街の中心部行きで、私以外の全員がバスに乗り込んだ。一人バス停で待つ。すると2〜3人のグループに「どこに行くの?」と英語で話しかけて来た。「National Park」と答えると、「Cataratas行きのバスに乗るといいよ」と教えてくれた。カタラタス(cataratas)=「滝」か。なるほど。お礼を行って、バスを待つ。

 バスが来るたびに運転手に「Cataratas?」と聞いて行き先を確かめる。2本くらいやり過ごした後で、「イグアスの滝」行きのバスを捕まえる。バスは先払い制。入り口にゲートがあり、お金を払って中に入る形式。車内にゲートがある形式は初めてだ。面白いね。

f:id:shoumatch:20200719160711j:plain
 空港から滝までは約1.6kmほど。バスに乗って4〜5分くらいで着いてしまう。あっという間だ。

f:id:shoumatch:20200719152234j:plain イグアスの滝国立公園に到着!この日のイグアスは曇り空で涼しい。長袖1枚羽織ってちょうどいいくらい。
 

f:id:shoumatch:20200719152331j:plain 公園内に入る前にまずはヘリコプターツアーを見に行く。公園の入口の手前にあることは事前に調査済み。イグアスの滝を上空からも見て見たい!

f:id:shoumatch:20200719152413j:plain ここでヘリコプターツアーに参加できる。

f:id:shoumatch:20200719152422j:plain ツアーに参加したい旨を伝えると、料金がR$450(日本円で約13500円)と言われびっくり。地球の歩き方にはR$250と書かれていたので倍近く高い料金だ。曇っているし、いきなりR$450という値段を突きつけられ、ひとまずツアー参加は断って外に出る。4日目にもう一度ブラジル側のイグアスの滝を見る予定だから、その時に参加するかどうか考えようか。

 イグアスの滝国立公園に入る。入園料はR$64で、これまた事前に調べていた値段よりも上がっている。(地球の歩き方にはR$56と書かれていた。
)ブラジルはインフレしているのか。

f:id:shoumatch:20200719152500j:plain

f:id:shoumatch:20200719152519j:plain

f:id:shoumatch:20200719152614j:plain 園内には無料のバスが走っていて、滝の近くまでバスで行くことができる。

f:id:shoumatch:20200719152719j:plain

f:id:shoumatch:20200719152735j:plain イグアスの滝は、ブラジル側とアルゼンチン側の両側に国立公園が設けられていて、アルゼンチン側は様々なアトラクションがある一方で、ブラジル側はトレイルがメインになっている。

f:id:shoumatch:20200719152814j:plain バスに乗ってトレイルの入り口となる場所まで向かう。バスは2階建で2階はオープン席。当然2階に向かう。風を感じながら公園内の景色を眺めるのだ!

f:id:shoumatch:20200719153142j:plain
 風がなかなか冷たい。というかちょっと寒い。。。南米に来て寒いと感じるとは。。。

f:id:shoumatch:20200719153015j:plain
 トレイルの入り口のバス停に到着。ほぼ全員がここで降りた。みんなトレイルが目当てということかな。

f:id:shoumatch:20200719153047j:plain バス停を降りた先からそこには絶景が広がっている。何段にも連なった滝が一面に広がっている。今まで見た滝とは全然規模が違う。

f:id:shoumatch:20200719153214j:plain 大地が割れている。こんな大規模に段差のある地形が広がっているなんて。そして、上から流れてくる水は枯れないのかという疑問が湧いてくる。けど、絶えず水は流れ続けている。

f:id:shoumatch:20200719153702j:plain しばらく呆然と眺めてしまった。本当にこんな光景は初めて。全身がゾクゾクする。

f:id:shoumatch:20200719153805j:plain トレイルのはじめの光景だけでここまで感動させされるとは。すごいんだろうなとは思っていたけど、まさかここまで想像を超えるとは。本当に来て良かったと思う。思わず笑みがこぼれてしまう。

f:id:shoumatch:20200719153741j:plain パノラマでも。

f:id:shoumatch:20200719154233j:plain 動画でも。


 トレイルを歩いていると、たくさんのハナグマに遭遇する。

f:id:shoumatch:20200719153350j:plain 人懐っこい動物なのか、人の後ろを着いて歩いている。可愛らしいなと思いながらその光景を眺めていると、突然前の人が持っているビニール袋に飛びついて、中からお菓子を奪って逃げていった。人懐っこいんじゃなくて、お菓子を狙っていたのか。

f:id:shoumatch:20200719153404j:plain ハナグマは私の後ろにもついて来ている。立ち止まると、足元のそばで擦り寄ってくる。残念ながらお菓子は持ってないんだよな。それに、ハナグマへの餌やりは禁止だしな。

f:id:shoumatch:20200719153422j:plain トレイルを歩きつつ滝を眺める。森林浴をしつつ絶景を眺めつつ。贅沢だ!

f:id:shoumatch:20200719153553j:plain トレイルは2~3kmくらいの距離。ゴール地点には展望台があり、その手前には滝の前まで張り出した展望橋がある。近づくと滝からの水しぶきが大量に飛んでくる。

f:id:shoumatch:20200719153954j:plain
 飛んでくる水しぶきの量が半端なく、これは雨と言っていいくらいの量だ。しかも今日は少し寒いくらいの気温なので、この状態で濡れてしまうと風邪を引いてしまう。あいにく雨具は持って来てなかったので展望橋の手前でポンチョを購入して展望橋に向かう。
f:id:shoumatch:20200719154007j:plain
 私と同じような人はたくさんいたんだろうね。ポンチョが飛ぶように売れていたよ。

 展望橋に向かうと、シャワーを浴びているかのような水しぶき。一眼カメラで写真を撮るのを躊躇ってしまうくらいの量。防水用のカメラを持って来たのでそれを使おうと思っても、レンズに水滴がついてしまい使い物にならない。

f:id:shoumatch:20200719154626j:plain 仕方なくiphoneのカメラで撮る。一眼カメラ、防水カメラ、iphoneを出し分けながらの写真。慌ただしい。とはいえ、こういうのもなかなか楽しい。
f:id:shoumatch:20200719154258j:plain
 滝の音が大きく、周囲の人の声がかき消される。周囲は滝に囲まれているので見渡す限りに絶景が広がっている。曇っているのが残念!快晴の中でこの景色を見てみたい!

f:id:shoumatch:20200719154417j:plain

f:id:shoumatch:20200719154558j:plain パノラマでも。

f:id:shoumatch:20200719154522j:plain
 動画でも。


 今日は天候は恵まれてはいないけど、人はいっぱいいる。カップルが6割、団体客が4割といったところかな。日本人の団体もいたね。ひとり旅の人は見当たらなかった。

 展望橋を満喫して、展望橋のそばにある展望台に向かう。そこがトレイルの終点だ。

f:id:shoumatch:20200719155021j:plain

f:id:shoumatch:20200719155050j:plain 展望台でもイグアスの滝をのんびりと眺める。展望橋では下から見上げるような景色だったけど、展望台は滝を見下ろす形になる。世界一の滝を上からも下からも満喫する。

f:id:shoumatch:20200719154746j:plain

f:id:shoumatch:20200719154722j:plain

 全身に滝の轟音を受ける。本当に何も考えることができないくらい圧倒されている。何か考えようとしても、頭が、全身が、何か別なものに囚われているような感じで、何というか頭が働かない。大自然には人をそうさせる何かがあるんだろうな。

f:id:shoumatch:20200719154830j:plain とはいえ、この高揚感はとても心地いい。そして不思議と見てて全然飽きない。周囲の人は、少し景色を見て写真を撮ったらすぐにその場を去ってしまうが、私はずっと眺めている。

f:id:shoumatch:20200719154900j:plain なぜ飽きないんだろう。周囲の人は短時間でその場を去ってしまっているので、おそらく私だけが特別そういう思いなんだろう。こういう景色が好きだからというのはそうなんだけど、もうちょっと深い理由がある気がしている。その理由を見つけたいな。自分の価値観とかそういったところから来ているはずだ。必要なのは価値観の言語化かなぁ。

f:id:shoumatch:20200719154939j:plain

f:id:shoumatch:20200719160907j:plain さっきまでいた展望橋を望遠レンズで。ポンチョを羽織っている人がいる一方で、薄着で頑張っている人もそれなりにいる。絶対びしょ濡れのはず。
f:id:shoumatch:20200719155155j:plain
 さらに遠くには、「悪魔ののどぶえ」と呼ばれる、アルゼンチン側イグアスの滝の展望台が見える。明日はあそこに行く予定だ。

f:id:shoumatch:20200719155452j:plain 16:00を過ぎると、さすがに疲れを感じてきた。長時間の飛行機での移動の後、そのままランチを取らずに歩き回っているから、そりゃそうだ。さてそろそろ国立公園を出ようか。
f:id:shoumatch:20200719155708j:plain
 ヘリのツアーに参加したかったけど、そんな気分ではない。4日目にもう一度ここにくるから、その時に参加しようか。今日は曇っているから、上空から見ても綺麗には見れないだろうしね。
 
 4日目の天気を調べてみると、どうやら晴れ予報のようだ。やっぱり4日目にしよう。

 ちなみに、ブラジル側のイグアスの滝は、受付の建物ではWiFiが利用できる。Global Wifiは持ってきているけど、国立公園内は2Gで全く使い物にならなかった。

f:id:shoumatch:20200719161055j:plain バスに乗り込み街の中心部へ。

f:id:shoumatch:20200719155753j:plain 時間にして40分くらい。GoogleMapを見ながら現在地を確認する。ホテルの側まで来たので、降車ボタンを押したけど、そこが終点だったようだ。地球の歩き方で 「TTU」と書かれた場所。正式名称は「Terminal de Transporte Urbano」。

f:id:shoumatch:20200719155811j:plain 街歩きもしたいけど、眠気を感じるくらいに疲れている。まっすぐホテルに向かおう。

f:id:shoumatch:20200719155910j:plain

f:id:shoumatch:20200719155927j:plain 道中にホテルの看板を見つけたので、ホテルまでは迷わずまっすぐ行くことができた。

f:id:shoumatch:20200719155943j:plain ここがイグアスでの滞在先。Pousada El Shaddaiというゲストハウスだ。

f:id:shoumatch:20200719160004j:plain

f:id:shoumatch:20200719160014j:plain
Pousada El Shaddai in Foz do Iguacu, Brazil | Expedia


 ホテルの受付の人は英語が通じた。チェックイン時にアルゼンチン側のイグアスの滝のツアーを紹介された。どうやら明日にツアーが組まれるらしく、ホテルからの送迎、入場料込みとのことだった。一人で歩き回れるか聞いたら、できると答えてくれたので、断る理由はないね。その場で申し込むことに。

 アルゼンチン側のイグアスの滝へは自力で行くつもりだったけど、ツアーでいけるのであればありがたい。陸路での国境越えや、国境を跨いだ移動について、事前に調べてはいたんだけどよくわからず、タクシー使えば何とかなるだろ程度だったので、明日は不安がある1日だった。それがツアーで賄えるのでありがたい。

 ゲストハウスの敷地内には数件の家が建っていて、その1室、個室タイプの部屋に泊まる。私の部屋は敷地の一番奥にある建物の2階、45番という部屋だ。ダブルベットでトイレシャワー付き。設備としては十分だ。

f:id:shoumatch:20200719160052j:plain

f:id:shoumatch:20200719160103j:plain 部屋に入って一息ついたのが、18:00頃。お腹も空いてるし、ご飯を食べに行こうと思ったんだけど、動く気にならないくらいヘトヘトで、しばらくベットの上でうとうとしていた。

 19:00くらいまでゴロゴロした後で、夕食を食べに外に出る。お店は事前に調べていた、「Bufalo Branco」というお店。ゲストハウスから徒歩数分くらいの場所にある、地球の歩き方にも乗っているお店だ。楽しみにしていたシュラスコを食べるのだ!

f:id:shoumatch:20200719160215j:plain

f:id:shoumatch:20200719160237j:plain

f:id:shoumatch:20200719160613j:plain

Churrascaria Bufalo Branco


 初シュラスコ。サラダや付け合わせのおかずはビュッフェ形式。肉は串刺しにた状態で、店員さんがテーブルまで運んで来てくれて、その場で切り落としてくれる。その形式が面白い。

f:id:shoumatch:20200719160301j:plain
 味は全体的に濃いめ。ビールが進む!
 
 肉が来る度に"Yes"と返事してしまうので、食べるペースよりも肉が追加されるペースの方が早くなる。皿の上には、どんどん肉が溜っていく。これは食べ方を工夫しなきゃな。
f:id:shoumatch:20200719160336j:plain
 一旦"No"としても、後でまた持って来てくれるので、自分のペースで頼めばいい。あとからそれに気づいたけど、この場ではそこまでの思いに至らず、溜まった肉が最後には冷めてしまい、少し勿体無いことをしてしまった。

f:id:shoumatch:20200719160534j:plain
 個人的には、デザート的な位置付けなパイナップルのシュラスコ(?)がすごく美味しかった。これは2〜3回お代わりしちゃったよ。(下の写真の黄色いのがパイナップルのシュラスコ(?)。これも店員さんが串に刺した状態で持って来てくれました。)

f:id:shoumatch:20200719160356j:plain 食後にデザートとコーヒーも出て、大満足。これでもかってくらい肉を食った!美味しかった!

f:id:shoumatch:20200719160501j:plain
 20:30頃にホテルに戻る。入り口の門がしまっていたので、ブザーを鳴らして中に入る。門が閉まるのが早い気もするけど、ここは日本ではなくブラジル。きっとこれは、ここでの当たり前なんだろうね。

 フロントで明日用の水を2本購入する。750mlくらいの水2本でR$5。サンパウロの空港では350mlのコーラがR$9だったので、それに比べればとても安い。

 部屋に戻ると強烈に眠気が襲って来たので、すぐにシャワーを浴びて寝ることに。シャワーはちゃんとお湯が出た。ありがたい!

 シャワーを浴びて、22:00には眠ってしまった。飛行機での大移動からのイグアスの滝観光と、初日から体力勝負な1日だった。明日も歩き回るぞ。

 2日目終了!3日目に続く!

【旅行記】南米4ヵ国ひとりたび(2017/09/14~26)1日目 〜旅の始まり・ブラジル入国編

 南米ひとりたび1日目。この日は 2017/09/14 (木)。

 南米ひとりたびの概要は以下の記事をどうぞ!

 この日はひたすら移動。羽田〜パリ〜サンパウロ〜イグアスと、地球の裏側まで行く大移動だ。飛行機に3回も乗って向かうのだ。フライト時間だけでも24時間を超える。

 時差を最大限利用するから、イグアスに着いても日付的には1日しか経過していないんだけどね。

 朝6:00に起床。ベットの中でゴロゴロしながら、6:30に起きる。

 昨夜は終電帰り。寝たのは深夜2:30くらい。今日から有給を重ねて13日間も不在となるので、諸々の仕事を片付けて、同僚に仕事を引き継いで、復帰後の準備をしてと、直前まで負荷のかかる状況だった。

 直近1週間は毎日終電帰りな状態だったので、起きるのがしんどい。その甲斐あってか、なんとか仕事は片付けたぞ!

 実は、仕事復帰後の初日には、偉い人向けのプレゼンが予定されている。話者は私。本来なら前日まで準備をしないといけないところを、旅行前に全て終わらせ、細かな微修正は同僚にお願いするという状態だったのだ。

 仕事復帰初日は、不在時の状況のキャッチアップ、プレゼン準備でいきなり大忙しな一日になりそうだ。スパルタなリハビリが待っている。

 まぁ、今は仕事のことは忘れて旅を楽しもうではないか。

 シャワーを浴びて出発の準備。8:00過ぎの電車に乗って、向かうは羽田空港国際線だ。

f:id:shoumatch:20200711145144j:plain 羽田空港に着いて、まずはWifiの受け取り。4カ国巡ることもあってか、機器が3つも付いていた。すでにパンパンな荷物の中に強引に押し込む。本当に何も入らないくらいにパンパンだ。

f:id:shoumatch:20200711145204j:plain 荷物はリュックとカメラバックの2つ。13日間の衣類が入るような大きさではない。シャツや下着はなるべく数日着回すつもり。そして現地で捨てていくつもり。なので、きっとどんどん荷物は減っていくはず。まぁ、衣類は最悪現地で買えばいいしね。

 WiFiを受け取り次は両替。4万円分をドルに替える。地球の歩き方に、南米で両替をする場合は、日本円よりかはドルで持っていた方が良いと書かれてあったので、ドルに両替しておくのだ。

 シルバーウィーク前の平日ということもあって、空港内はそこまで混雑していない。チェックインカウンターもガラガラだった。
f:id:shoumatch:20200711145443j:plain

f:id:shoumatch:20200711145820j:plain
 さて、出発前の腹ごしらえ。朝からラーメン!しばらく日本食とはお別れだね。

f:id:shoumatch:20200711145259j:plain 朝食を終えて、少し展望デッキでのんびり。飛行機が飛び立つ風景を眺めていると気持ちが高まってくるね。

f:id:shoumatch:20200711145321j:plain

f:id:shoumatch:20200711145330j:plain 出発時間は11:45だが、15分遅れで飛行機は出発。まず向かうはパリだ。12時間のフライト。

f:id:shoumatch:20200711145548j:plain

f:id:shoumatch:20200711145745j:plain これから向かう南米、治安は決して良くないみたいだし、私自身そういうイメージを持っている。知らない場所、そして、治安に不安を感じる場所に一人で行くことに対して、自分がどう感じるか。その現地で感じる思いは大事にしたいところだ。それはきっと今の自分の知らない自分のはずで、知らない自分を発見するきっかけにもなるだろう。

f:id:shoumatch:20200711145920j:plain あと、13日間の旅行計画がうまくいくのかも気になるところだ。自分にそれだけのことを計画できる力があるのかも知ることができる。

f:id:shoumatch:20200711150410j:plain 離陸して1時間くらいでドリンク。日本酒(一ノ蔵)をオーダー。昼間から日本酒。いい気分♪(お酒弱いのでお水も一緒)

f:id:shoumatch:20200711145951j:plain そのあと1時間くらいして機内食。和食のちらし寿司をオーダー。まだ日本な感じだね。

f:id:shoumatch:20200711150033j:plain デザートにはなんとハーゲンダッツ!幸せだ( ̄▽ ̄)

f:id:shoumatch:20200711150050j:plain 機内での過ごし方といえば映画だけど、私は機内オーディオで映画を見るというのがイマイチ苦手だ。あの小さな画面で2時間ずっと見るというのはなかなか大変。休み休み見ながらだと、気持ちが入らず飽きてしまう。

 なので私の場合、フライトマップをのんびり眺めているか、携帯ゲームをするか、機内オーディオのゲームをやったりして過ごしている。

 ただ今回乗ったANAの飛行機は機内オーディオはコンテンツが充実していて(と思うのは私だけ?)、日本のTV番組やニュース番組とかがやってて、暇にならずに過ごすことができた。

 NHKのサラメシとか、マツコの番組とかが入っていたね。マツコの番組では友人の行きつけのお店が紹介されていて、見ていて「おっ!」となった。今度その友人に会うときに話してみようか。

 そして何よりテンションが上がったのが、私の大好きな「水曜どうでしょう」が見れたことだ!まさか地方のローカル番組が国際線の機内で見れるとは!

f:id:shoumatch:20200711150120j:plain 見れたのは「ヨーロッパリベンジ」という企画の初めの2話。どうせなら3話も流して欲しかった!「ここをキャンプとする!」という名言が出るのが3話なんだけどね。(とマニアックなことを書いて見たり。)

 一通りコンテンツを見た後は、CNNを垂れ流し状態。北朝鮮の現地ルポ的な番組をやっていたな。日本ではまずやらなさそうな番組だ。

 フライト時間残り2時間くらいで、機内食白身魚の照り焼きみたいな料理。普通に美味しいね!

f:id:shoumatch:20200711150153j:plain
 現地時間16:30(日本時間23:30)にパリはシャルル・ド・ゴール空港に到着!初おふらんす

f:id:shoumatch:20200711150239j:plain

f:id:shoumatch:20200711150536j:plain

f:id:shoumatch:20200711150320j:plain 6時間のトランジットを挟んで次に向かうはサンパウロだ。時間も夕方で、6時間という中途半端な時間ということで外に出るのはやめて、空港内で過ごす。
f:id:shoumatch:20200711150620j:plain

f:id:shoumatch:20200711150633j:plain 空港内を歩いて思ったけど、この空港って思ったより小さい?数分歩けば一通り歩き回れるような広さだ。名前は有名だから勝手に巨大な空港をイメージしてたけど、そうでもないのかな?

f:id:shoumatch:20200711150949j:plain
 まだ日本語の会話が聞こえるね。ブラジルに入ったらどうなるかな。

 どうやら展望デッキ的なものはなさそうだし、外の景色を眺められそうなところもなさそうだ。カフェに入ってしばらくのんびりしよう。

f:id:shoumatch:20200711150732j:plain メニュー表、値段表示がユーロだ。空港内で実感がないけど、やっぱりここはおふらんす、ヨーロッパなんだね。

f:id:shoumatch:20200711150744j:plain 1時間くらいのんびりしたけど、まだまだ時間はある。とは言っても、カフェにいるのも飽きてきた。。。早いけど搭乗ロビーの方に向かおうか。

f:id:shoumatch:20200711153009j:plain

f:id:shoumatch:20200711152946j:plain 出発の3時間前なので、さすがに搭乗ロビーはガラガラ。店も大半がしまっていて、テイクアウト専用のカフェが1件空いているだけだ。PS4ができるブースがあったけど、別にゲームしないしなぁ。

f:id:shoumatch:20200711153037j:plain

f:id:shoumatch:20200711152844j:plain 初ヨーロッパなんだけど外に出られず、暇を持て余している。せめてもの雰囲気で、クロワッサンを購入。ヨーロッパっぽいことはこれだけ。

f:id:shoumatch:20200711152905j:plain ヨーロッパにも行ってみたいと思いつつ、なかなか行けてないなぁ。勝手な思い込みだけどヨーロッパはいつでも行けるし、体力がなくても見て回れるだろうという気がしていて、なんか優先順位が下がってしまうんだよなぁ。今は若いうちに行ける国、体力勝負な旅程で行く場所という考えがあるから、ヨーロッパに行く機会が巡ってこないんだよな。

 旅日記を書きつつ、スペイン語の本を読んだり、地球の歩き方を読んだりして時間を潰す。3時間という時間、待つには長い時間だけど、昨日までが超絶忙しかった分、仕事モードから旅行モードへの切り替えという意味では、こういう時間もいいのかな。

f:id:shoumatch:20200711153126j:plain ちなみに持って来た地球の歩き方はこの2冊。今回行く国のブラジル、ペルー、ボリビアをカバー。

f:id:shoumatch:20200711222814j:plain アルゼンチンにも訪れるので、アルゼンチンの地球の歩き方も持って行きたかったんだけど、荷物として持って行くには2冊が限界。

 一応アルゼンチンの地球の歩き方も買ったんだけど、アルゼンチンにはイグアスの滝のアルゼンチン側に行くだけなので、1冊丸々を持って行く必要もない。なので、必要なところだけ切り取って持って来た。(やりすぎな気もしたけど、安心のため。初めてなことは安心安全に構えすぎるくらいがちょうどいいと言うことで。)

f:id:shoumatch:20200711224128j:plain ロビーにも人が集まり始めて、搭乗のアナウンスが流れてきた。アナウンスはフランス語。英語ではない。お店の店員さんとは英語で会話できるが、基本はフランス語。ここがフランスということを改めて感じさせられるね。

f:id:shoumatch:20200711153215j:plain よくわからないフランス語のアナウンスが流れても、別に不安を感じることはなかった。それは、たとえ英語だとしても大してよくわからないからだろうな。まぁこの場では、言葉がわからなくても全く困らないしね。

 ロビーにはオルガンが置かれていて、誰でも自由に弾くことができる。旅行者の男性の方が演奏をし始めた。一気に搭乗ロビーがコンサート会場に変わる。普通に上手だ。聞き惚れてしまう。曲を弾き終わるたびに周りからは拍手が起きていたね。

f:id:shoumatch:20200711154335j:plain こういうのいいね。ピアノを弾けるようになりたいと思ってしまったよ。実は小学校の頃にピアノを習っていたんだけど、それっきりだから今はさっぱりだしな。

 22:15頃に搭乗開始。長かったー。入口のチケットチェックでなぜかエラーになって、係員の方からチェックを受けたけど、あれはなんだったんだろね。

f:id:shoumatch:20200711154358j:plain 席は中央列の中央席。自由が利かない座席だ。左側には老婦人、右側には中年の女性。どちらも日本人ではない。機内に入った途端、急に眠くなってしまって、気づいたら寝てしまっていた。

f:id:shoumatch:20200711153334j:plain
 フライト1時間くらいで機内食。CAさんから始めフランス語で聞かれてしまった。そうだよね、フランス発の便だからまずはフランス語で聞かれるよな。chickenかbeafを選べたので、beafをオーダー。
f:id:shoumatch:20200711153305j:plain
 チーズはしょっぱく、デザートは激甘だった。まぁ、全体としてはGoodかな。

 食べた後はひたすら眠る。別に疲れを感じているわけではなかったのに、すごく眠い。自覚はないけど、昨日までの蓄積分の疲れがあったのかなぁ。 

f:id:shoumatch:20200711153358j:plain フライト時間は12時間。8時間くらいは寝ていて、後の時間はぼんやりしていた。

 到着2時間前くらいで機内食。器一杯のハムチーズクロワッサンだ。容器の中がパンだけってのは初めてだな。さすがフランスと言ったところか。サクサクではなく、しなしななクロワッサン。

f:id:shoumatch:20200711153419j:plain 入国カードだけ書いて、あとはひたすらぐっすり。

f:id:shoumatch:20200711153447j:plain
 飛行機は定刻通り5:45にブラジルはサンパウログアルーリョス国際空港に到着。早朝なので空はまだ薄暗い。

f:id:shoumatch:20200711153511j:plain 入国審査は素通りだった。初め自国民(ブラジル人)側の入国レーンに並んでしまっていて、職員さんからスペイン語で注意されてしまった。ここも英語ではない。いよいよ完全に言葉がわからない世界に来てしまったな。

f:id:shoumatch:20200711154525j:plain

f:id:shoumatch:20200711154536j:plain 税関は申告ありエリアと申告なしエリアに分かれており、申告なしエリアを通る。これ完全に性善説な仕組みだね。機内で税関カードも配られなかったしな。きっと申告ありエリアの方にそのカードがあるんだろうね。

f:id:shoumatch:20200711154451j:plain 次は3時間後にイグアス行きのフライトだ。24時間飛行機に乗って、ようやくサンパウロまで来たけど、イグアスまではまだかかる。遠い。。。


 次の便までそこまで余裕はない。空港内を少し探検して外観写真を撮っておこう。あとは両替。

f:id:shoumatch:20200711154756j:plain

f:id:shoumatch:20200711154807j:plain グアルーリョス国際空港は大きな空港のようだ。時間内に歩き回れるような広さではなさそうだ。

f:id:shoumatch:20200711155311j:plain

f:id:shoumatch:20200711155324j:plain

f:id:shoumatch:20200711155340j:plain いい感じに建物全体を撮れそうな場所が見つからない。時間もないので、なんとなくの外観写真が撮れる場所で一枚。とりあえず記念ということで。

f:id:shoumatch:20200711155015j:plain 後は両替。US$300をブラジルの通貨リエルに両替。R$750くらい。

f:id:shoumatch:20200711155133j:plain やはり空港で両替するとレートはよくないね。でもまぁ、替えれる時に替えてしまう方が安心なので、これはやむなしだね。「後でも大丈夫」と思えるにはもう少し海外慣れが必要だ。私はまだそこまで慣れていない。

f:id:shoumatch:20200711155447j:plain

f:id:shoumatch:20200711155523j:plain ちなみにブラジルの物価はすごく高いようだ。コーラの350ml缶がR$9だった。日本円にすると300円くらい。うん、高い。

f:id:shoumatch:20200711155216j:plain

f:id:shoumatch:20200711153543j:plain 別に海外旅行でお金をケチる気は無いけれど、ケチる云々を言う前に買う気を失せてしまうような値段だ。

 空港の外観写真を撮って、両替もできたので、やることはできた。搭乗ゲートに向かおう。

f:id:shoumatch:20200711153650j:plain
f:id:shoumatch:20200711153613j:plain
 8:15に搭乗開始。飛行機まではバスで移動だ。

f:id:shoumatch:20200711225918j:plain

f:id:shoumatch:20200711155646j:plain 座席はA6で窓側の席。「上空から滝が見れるぞ!ラッキー!」と思っていたら、CAさんから座席を変わってもらうように頼まれ、1Bに移動。通路側の席だ。滝が見れなくなった。。。まぁ、仕方ないか。

 飛行機は15分遅れの9:00に出発。機内はひたすら寝てるだけ。フライト時間は2時間弱。これまでの2本はどちらも12時間乗っていたので、それからすると一瞬の時間だ。

f:id:shoumatch:20200711153926j:plain 軽食でクラッカーが配られたけど、食べずにバックにしまう。ドリンクでコーラを頼んだんだけど、なぜか水を渡されてしまった。「コーラ」と「ウォータ」を聞き間違えられてしまったか。私の発音が悪かったかな。。。

 フォスドイグアス空港に到着!ようやく着いた!遠かった。。。
f:id:shoumatch:20200711153819j:plain
 フォスドイグアス空港はとても小さな空港。飛行機のタラップを降りたら徒歩で建物の中へ。そしてそのまま外へ。
f:id:shoumatch:20200711153743j:plain

f:id:shoumatch:20200711160011j:plain さて、いよいよ最初の目的地、イグアスに到着だ!随分遠くまで来てしまったな。本格的に旅の始まりだ。

f:id:shoumatch:20200711160106j:plain

f:id:shoumatch:20200711153829j:plain 切りがいいので1日目はここまで。(若干2日目に入っているけど。)

 1日目終了!2日目に続く。

【旅行記】南米4ヵ国ひとりたび(2017/09/14~26)概要編

 2017/09/14~26にかけて南米に行ってきました。これから何回かに分けてその旅行記を書こうと思います。

 行った国は、ブラジル、アルゼンチン、ペルー、ボリビアの4カ国。イグアスの滝マチュピチュ遺跡、ウユニ塩湖を巡る旅。

 日付を見てわかる通り、この旅行は3年前の出来事です。かなり前の話ですが、旅行中に書いていた旅日記を元に書き起こします。当時の日記を読み返すと、やっぱりいろいろと思い出されてきますね。

 この南米ひとり旅は、私の旅行経験の中でも特別な位置を占める旅でした。これは私の海外旅行の中での3回目の旅行。巡る国がスペイン語圏で英語が通じるかわからない、そして2週間という長期の旅を自力でプランニングしていくという、当時の私に取っては大きな挑戦となるような旅でした。

 旅を終えて特にトラブルもなく、全て事前にプランニングした通りに進めることができて、これで世界中のどこにでも行けるなと思えるほどに自信のついた旅になったわけです。

 さてさて、ハイライトとしてはこんな感じ。

f:id:shoumatch:20200628223238j:plain(ブラジルはイグアスの滝

f:id:shoumatch:20200628223310j:plain(ヘリコプターから眺めるイグアスの滝。圧巻!!)

f:id:shoumatch:20200628223341j:plain(ペルーはクスコにあるカテドラル)

f:id:shoumatch:20200628223405j:plain(クスコ、アルマス広場の夜景)

f:id:shoumatch:20200628223452j:plain(クスコからマチュピチュ村に向かう電車、ペルーレイルの車窓からの一枚。運良く先頭車両の最前列が当たり、この絶景を独占できました。)

f:id:shoumatch:20200628224205j:plain(来たぜ!マチュピチュ!!)

f:id:shoumatch:20200628224429j:plainボリビアはラパスのロープーウェイからの街並み)

f:id:shoumatch:20200628224700j:plainボリビアのウユニ塩湖。見渡す限りの塩の大地。)

f:id:shoumatch:20200628224821j:plain(鏡張りな世界のウユニ塩湖)

f:id:shoumatch:20200628224856j:plain(ウユニ塩湖の側の村で遭遇したアルパカの群れ)

f:id:shoumatch:20200628225119j:plain(ペルーはリマのサンフランシスコ教会)


◾️ スケジュール

□ 9/14(木)- 9/15(金)

  • 移動:

  ・(日本)羽田空港(11:45発) → (パリ)シャルル・ド・ゴール国際空港(17:10着) 
  ・(パリ)シャルル・ド・ゴール国際空港(22:55発) → (ブラジル)グアルーリョス国際空港(5:45着) 
  ・(ブラジル)グアルーリョス国際空港(8:45発) → (ブラジル)フォス・ド・イグアス国際空港(10:28着)

□ 9/16(土)

□ 9/17(日)

  • イグアスの滝観光(ブラジル側)
  • 移動:
    ・(ブラジル)フォス・ド・イグアス国際空港(19:45発) → (ペルー)ホルヘ・チャペス国際空港(22:10着) 

□ 9/18(月)

  • 移動:
    ・(ペルー)ホルヘ・チャペス国際空港(4:50発) → (ペルー)アレハンドロ・ペラスコ・アステテ国際空港(6:10着) 
  • クスコ観光

□ 9/19(火)

□ 9/20(水)

□ 9/21(木)

  • 移動:
    ・(ペルー)アレハンドロ・ペラスコ・アステテ国際空港(7:50発) → (ボリビア)エル・アルト国際空港(9:50着) 
  • ラパス観光
  • 移動:
    ・(ボリビア)エル・アルト国際空港(19:30発) → (ボリビア)ウユニ空港(20:15着) 

□ 9/22(金)

  • ウユニ塩湖観光

□ 9/23(土)

  • ウユニ塩湖観光
  • 移動:
    ・(ボリビア)ウユニ空港(20:40着) → (ボリビア)エル・アルト国際空港(21:25発) 

□ 9/24(日)

  • 移動:
    ・(ボリビア)エル・アルト国際空港(4:30発) → (ペルー)ホルペ・チャペス国際空港(5:30着)
  • リマ観光

□ 9/25(月) - 26(火)


 
 イグアスの滝マチュピチュ遺跡、ウユニ塩湖を見るのが旅の目的。

 日本からヨーロッパ経由で南米に入り、南米からアメリカ経由で日本に帰る、ぐるっと地球一周コース。

 飛行機の航路を踏まえて、「イグアスの滝」「マチュピチュ遺跡」「ウユニ塩湖」の順番に回ることにしました。この3ヶ所を軸に据えると、自然と、クスコ、ラパス、リマに寄ることになるので、そこを観光するという流れになります。

 今改めて見返すと、ゾッとするようなスケジュールだなと思いますね。機内泊、空港泊、早朝出発など、体が休まらないようなスケジュール。飛行機で早朝に街に着いてそのまま観光という流ればっかり。本当に体力勝負。今このスケジュールで行けと言われたら絶対に嫌だと言いたくなる。

 本当はもっとゆったりな計画にしたかったのですが、13日間という日程を前提に考えると、どうしても1ヵ所を諦める必要があり、強引に押し込んだ結果がこのようなスケジュールというわけです。

 南米なんてそう簡単に行ける場所ではないので、押し込めるなら強引に押し込んででも行くべきという考えで、無茶な旅程になったわけです。

 なのでこの旅程はお勧めしません(笑。

 体力に自信のある人だけ参考にしていただけると幸いです。

 ちなみに旅行終わりの次の日は仕事でした(笑

 旅行後の感想としては、クスコにはもう一泊したかったです。クスコのカテドラルは本当に綺麗だった。のんびりと街並みを眺めて、じっくりとカテドラルを見学したかった。こればっかりは仕方ないですね。リマとラパスはトランジットで観光する程度で十分でした。トランジットとはいえ、リマはほぼ1日、ラパスも半日は観光できました。


◾️ 行ったところ

 期間中に行ったところに印をつけています。地図の左上のメニューから日別に表示したり、具体的な場所の情報が見れます。

□ 9/15(金)

 [空港] フォズ・ド・イグアス - カタラタス国際空港 → [観光] イグアス国立公園 → [駅] Terminal de Transporte Urbano → [ホテル] ポサダ エル シャダイ → [ディナー] Bufalo Branco BBQ


□ 9/16(土)

 [ホテル] ポサダ エル シャダイ → [観光] イグアス国立公園 → [ディナー] Churrascaria e Pizzaria Tropicana
 


□ 9/17(日)

 [ホテル] ポサダ エル シャダイ → [スーパー] Super Muffato Falls Shopping → [駅] Terminal de Transporte Urbano → [観光] Helisul → [観光] イグアス国立公園 → [空港] フォズ・ド・イグアス - カタラタス国際空港


□ 9/18(月)

 [空港] アレハンドロ・ベラスコ・アステテ国際空港 → [観光] Plaza De Armas → [観光] Cusco Cathedral → [観光] Twelve Angled Stone → [観光] Templo del San Blas → [観光] Museo de Arte Religioso → [観光] Iglesia De Santo Domingo → [観光] Witches Garden → [ランチ] cafe bar restaurante Pucara → [観光] ホステル カサ デル インカ → [観光] San Cristobal → [観光] Church of the Society of Jesus → [カフェ] Starbucks → [ディナー] Inka Grill

□ 9/19(月)〜9/20(火)

 ※ マチュピチュツアー(地図なし)

□ 9/21(木)

 [空港] インテルナシオナル・エル・アルト空港 → [ロープーウェイ駅] FFCC La Paz Train Station → [ロープーウェイ駅] Red Line Cable Car station → [観光] Church of San Francisco → [ランチ] Profumo Di Caffe → [観光] Monumento a Pedro Domingo Murillo → [観光] Cathedral Basilica of Our Lady of Peace → [観光] Palacio Legislativo De Bolivia → [観光] Museo costumbrista Juan de Vargas → [観光] Santo Domingo Church

 

□ 9/22(金)〜9/23(土)

 ※ ウユニ塩湖ツアー(地図なし) 

□ 9/24(日)

 [空港] ホルヘ・チャベス国際空港 → [朝食] Sanguchería El Chinito → [観光] Parroquia La Virgen Milagrosa → [ショッピングモール] Larcomar → [観光] アモール公園 → [観光] Faro La Marina → [駅] 28 de Julio → [駅] Quilca → [観光] マヨール広場 → [観光] リマ大聖堂 → [観光] サン・フランシスコ教会・修道院 → [観光] ラ・ムラジャ公園 → [観光] ファナ・アラルコ・デ・ダンメルト公園

  


◾️ 航空券

 

  1. 【9/14(木)】【ANA】(日本)羽田空港(11:45発) → (パリ)シャルル・ド・ゴール国際空港(17:10着) 
  2. 【9/14(木)】【LATAM】(パリ)シャルル・ド・ゴール国際空港(22:55発) → (ブラジル)グアルーリョス国際空港(5:45着) 
  3. 【9/15(金)】【LATAM】(ブラジル)グアルーリョス国際空港(8:45発) → (ブラジル)フォス・ド・イグアス国際空港(10:28着)
  4. 【9/17(日)】【LATAM】(ブラジル)フォス・ド・イグアス国際空港(19:45発) → (ペルー)ホルヘ・チャペス国際空港(22:10着)
  5. 【9/18(月)】【Peruvian】(ペルー)ホルヘ・チャペス国際空港(4:50発) → (ペルー)アレハンドロ・ペラスコ・アステテ国際空港(6:10着)
  6. 【9/21(木)】【Peruvian】(ペルー)アレハンドロ・ペラスコ・アステテ国際空港(7:50発) → (ボリビア)エル・アルト国際空港(9:50着)
  7. 【9/21(木)】【Amaszonas】(ボリビア)エル・アルト国際空港(19:30発) → (ボリビア)ウユニ空港(20:15着) 
  8. 【9/23(土)】【Amaszonas】(ボリビア)ウユニ空港(20:40着) → (ボリビア)エル・アルト国際空港(21:25発) 
  9. 【9/24(日)】【LATAM】(ボリビア)エル・アルト国際空港(4:30発) → (ペルー)ホルペ・チャペス国際空港(5:30着)
  10. 【9/25(月)】【Delta】(ペルー)ホルペ・チャペス国際空港(1:05発) → (アメリカ)ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(9:00着)
  11. 【9/25(月)】【Delta】(アメリカ)ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(11:44発) → (日本)成田国際空港(14:45着) 


 全てSkyScannerで調べて予約しました。イグアス〜クスコ("4"〜"5")の航路だけTripstaを利用して、それ以外は全てExpediaを利用しました。

 この旅程でExpediaを多く使って、使い勝手が良かったので、以降の旅行でもExpediaから航空券を予約することが多くなりました。Tripstaは覚えてないですが、それ以降の旅行では使ってないですね。(今はサービスは終了しているみたいですね。)

 https://www.skyscanner.jp

 

 ・1〜3の料金:¥110,183

 ・4〜5の料金:¥53.080

 ・6の料金  :¥11,610

 ・7の料金  :¥15,540

 ・8の料金  :¥15,300

 ・9〜11の料金:¥140,730


  航空券代計: ¥346,443


 合計金額だけ見るとかなりの金額ですけど、11回も飛行機に乗ったので、こんなもんなんでしょうかね。深夜発早朝着な便が多く、本当に強行日程でしたな。


◾️ ホテル

□ 9/15(金)〜17(日)

 地球の歩き方に載っていたゲストハウス。私が借りたのは個室タイプで、エアコンやシャワーがちゃんと付いていて快適に過ごせました。おいしい朝食もついていて、私としてはいい宿を見つけたと思っています。受付の人は英語が通じました。

 イグアスの滝のツアーも取り扱っています。私もチェックイン時にアルゼンチン側のイグアスの滝へのツアーを勧められて、その場で申し込みました。(ツアー料金は忘れた。。。)
 

  料金:¥5,245 (1泊あたり¥2,623円)

 

□ 9/18(月)〜21(水)

  • Hostal Casa Del Inka

 地球の歩き方には載っていませんでしたが、「クスコ ゲストハウス」でググってみると、このゲストハウスがよく紹介されていて、評判も良かったのでこちらに決定。

 クスコのアルマス広場から坂を登ったところにあるゲストハウスで、ここのベランダから見るクスコの街並みは絶景です。夜景もすごく綺麗だった。日本人御用達のゲストハウスのようで、建物内には日本語で書かれた手紙や案内が貼られてました。スタッフの人は英語が通じました。


  料金:¥3,306 (1泊あたり¥1,102円)

 

□ 9/21(水)〜23(金)

  • Hotel Jardines de Uyuni

 イグアスとクスコは安宿だったこともあり、旅の最終地点のウユニでは贅沢しようと思い、1泊7000円するこのホテルを予約しました。地球の歩き方には載っておらず、Expediaで探しました。

 ホテルの内装も部屋もすごく綺麗。ホテルに入った時と部屋に入った時、その綺麗さにテンションが上がったのを記憶しています。シャワーもちゃんとお湯が出たので大満足。美味しい朝食もついています。


  料金:¥14,151 (1泊あたり¥7,076)

 

 ホテル代合計:¥22,702

 

◾️ 現地ツアー

□ ウユニ塩湖1日ツアー 

 列車の墓場、コルチャニタウン、インカワシ島、塩湖と、ウユニ塩湖を満喫する1日ツアーです。私の行った9月は乾季に当たるので基本的には塩原が広がる世界なのですが、一部は水の張った鏡張りなところもあり、両方楽しむことができました。

 事前に調べた時には、当日に現地で直接申し込んでも大丈夫そうだったのですが、現地でまごつくのも嫌だったので、hotholidayのツアーを申し込みました。実際は、現地で申し込んで参加した人も多くいたので、事前に予約しなくても大丈夫そうではありました。


 料金: US$30

 

□ マチュピチュ遺跡、ワイナピチュ1泊2日 [遺跡で2時間の日本語ガイド付き]

 ちょうど私が行く数ヶ月前から、マチュピチュを見学する際はガイドをつけることが義務化され、新制度の中での観光でした。新制度開始直後ということで、ネットにはあまり情報がなく、いろいろ不安だったので、これはツアーを申し込みました。

マチュピチュ遺跡 ガイド同行義務化 | 最新情報 | HIS 海外航空券スペシャリストデスク

 クスコ〜マチュピチュの移動+マチュピチュ村の宿泊+2日間のマチュピチュ観光というフルセットなツアーです。かなりいい値段するのですが、この内容と新制度開始直後という状況を踏まえると、妥当な値段なのかなと思っていました。
 
 ツアーはマチュピチュ遺跡を見学する内容と、ワイナピチュに登る内容の2本立てになっています。ただし、ワイナピチュは登頂できる人数に制限があるため、場合によっては登れません。私の場合も人数制限に引っかかり登れませんでした。なので、代わりにマチュピチュ遺跡を2回に分けて巡る内容となりました。

 ワイナピチュに登るのも楽しみにしていたのですが、マチュピチュ遺跡をじっくり見て回ることができたので、それはそれで大満足でした。というか、2回に分けて見れて、心ゆくまでマチュピチュ遺跡を堪能することができたので、むしろそれで良かったとも思っています。

 ちなみに、マチュピチュ遺跡は午前と午後の入れ替え制になっています。今はどうなっているかわかりませんが、私が行った時は入れ替えのチェックをしているわけではなく、時間を過ぎて滞在していても何も問題ありませんでした。
 

 料金: US$919


 現地ツアー代合計:US$ 949

 

◾️ ESTA

 アメリカを経由するルートだったのでESTAはとりました。Webで申請してGET。

 ESTA取得代: 14$


◾️ Wifiレンタル

  https://townwifi.com

 グローバルwifiで予約。4カ国巡るということで機器は3つ付いてました。大荷物。

 レンタル料金合計: ¥23,218 (13日間)


◾️ 海外保険

 確か最小のプランで申し込んだはず。旅先では体調を崩すわけにはいかないので、怪しい食べ物には手を出さずに、体調優先で行動しています。


  料金: ¥6,120 (13日間)


◾️ 使ったお金

  • 航空券代計: ¥346,443 
  • ホテル代計: ¥22,702
  • 現地ツアー代計: US$949
  • ESTA取得費用: US$14
  • Wifiレンタル費用:¥23,218
  • 海外保険費用: ¥6,120
  • 両替したお金:(忘れた。)
  • カードで使ったお金:(わからない。)
  • ビザ取得代: ¥10,400
  • 予防接種代: ¥10,000


 当時の為替が、「US$1 = ¥112」くらいだったので、「US$ 963 = ¥107,856」とすると、合計で以下な感じですね。

  合計:¥526,739 (旅行中に使ったお金を除く)

 「両替したお金+カードで使ったお金」を含めて、合計は60万弱だと思います。費用の約6割が航空券代。行き先が南米で、旅程中11回も飛行機に乗ったので、まぁこんなもんでしょうかね。

 確実に使ったお金以上の経験はできたので、私としては全然安いという感覚です。


◾️ ビザ

 ブラジルは観光ビザの取得が必要になります。仕事の合間で頑張って取得しました。東京では五反田駅前にブラジル総領事館があるので、そこで申請&取得になります。

査証(ビザ)- 総合案内

 

◾️ 予防接種

 地球の歩き方には「日本から直接ペルー、ボリビアエクアドル、コロンビアに入る場合は不要だが黄熱リスク国から入国する際は黄熱病の予防接種が必要」という記載がありました。

 巡る国順によっては受けなくても良いとのことなのですが、必要なのか不要なのか、判断できなかったので受けることにしました。ちなみに私は、ブラジル→アルゼンチン→ペルー→ボリビアの順に入国しました。

 予防接種を受けると黄熱病予防接種証明書である通称「イエローカード」というのがもらえます。これが携帯必須となります。


◾️ 言語

 今回行った国はどこもスペイン語圏。英語が通じるかわからない中で行きましたが、今回私が訪れた場所ではどこも英語が通じました。

 観光地、ホテル、レストラン、あとは街の中心部であれば周囲から聞こえる会話も英語でした。なので、旅行中にスペイン語を使うことは全くなかったです。

 念のためスペイン語の本を持って行ったのですが、全く使いませんでした。



さてさて、概要編はこれくらいにして、次回から本編を書いていきます。

16年目のYOSAKOIソーラン祭り

 毎年6月の第2週、北海道は札幌で、YOSAKOIソーラン祭りが行われている。

 今年は6/10(水)~6/14(日)の日程で開催される、はずだった。

 はずだったのだが、今年はコロナの影響で開催中止。

2020年6月・第29回YOSAKOIソーラン祭り 開催中止のお知らせ | YOSAKOIソーラン祭り 公式ホームページ


 これまで28回開催されたが、中止となるのは今回が初。

 物心ついた時から毎年このお祭りがあり、踊り子、観客、関わる立場は違えど、ほぼ毎年このお祭りには参加していた。YOSAKOIソーラン祭りがない年というのは初めて。毎年楽しみにしていただけに本当に残念でならない。

 去年もこういう記事を書いた。

 お祭り自体も楽しい。チームの先輩後輩たちに会えるのも楽しい。そのメンバーと一緒に現役の応援をするのも楽しい。学生時代の青春が詰まったお祭りなだけに、このお祭りに参加するたびに青春が蘇ってくるし、またひと時の青春を味わうことができる。

 とにかく私にとっては心が若返る期間なのだ。

 毎年あると思っていただけに、それがなくなるというのは寂しいものだ。

 今年はお祭り自体は中止になったけど、「Virtual YOSAKOIソーラン祭り」という過去の演舞動画をライブ配信するというイベントが企画された。このような企画をしてくれた学生実行委員会や関係者の方々には感謝しかないね。

2020年6月10日(水)~14日(日)「Virtual YOSAKOIソーラン祭り」開催! | YOSAKOIソーラン祭り 公式ホームページ


 私も週末はライブ動画を垂れ流しにしてのんびりと自宅で鑑賞していた。当時の友人たちもライブ動画を見ており、Lineでやりとりしながら盛り上がった。動画越しではあるけれど、お祭りの雰囲気は感じることができた。思い入れのあるチームの演舞を見ているとやはり心が躍ってくるね。

 長く自粛期間が続いて感動することから久しく遠ざかっていたので、このような心躍り胸が高鳴る瞬間というのはとても嬉しいものがある。やっぱり、感動する心、大事だ。寂しい話だけど、ここまで感情が動いたのも久しぶりなんだ。

 私が当時いた学生チームの演舞も流れた。流れたのは昨年の演舞だ。昨年私が直接会場で見た演舞。

f:id:shoumatch:20200620234433p:plain
 演舞の前には現役メンバーの挨拶動画が流れた。映っているは一人だけ。おそらく今年の代の代表だろう。他チームの挨拶動画では「来年の祭りを楽しみに」という話をしている中、現役たちは「今年を楽しくできるように活動する」と話していた。今年を諦める発言ではなく、今年も楽しむ、楽しませるという発言をしていて、とても嬉しくなった。

f:id:shoumatch:20200620234536p:plain 現役たちは団体として活動が自粛状態で、新歓もできてないから新入生も入っていない状況だ。大変で難しい状況に立たされていると思う。学生チームは毎年代替わりがあるから、最上級生は踊れないまま代を終えることになる。さすがにやりきれないだろうな。返す言葉も見つからない。

 私もチームのOBなだけに何か力になれればとは思うけど、こればっかりはアドバイスはできない。心苦しい。

 踊れなかったという状況で次の代にどのようにチームを伝えるのか、踊りを伝えるのか。本当に、本当に、難しいだろうな。遠くから応援することしかできないが、、、

 このイベントの最後は例年通り学生実行委員会の挨拶と北極星というYOSAKOIソーラン祭りのエンディング曲で締め括られた。これは私としてはとても嬉しかった。毎年、学生実行委員会の挨拶を会場で聞くようにしているんだけど、何気にここが一番感動する。チームの演舞を見て泣くことはないけど、毎年ここで泣かされる。今年もそうだった。

 持てるパワーを全て注いで打ち込んで来た人の、満身創痍な姿から発せられる言葉というのは、人の心を打つものがある。それは画面越しであっても変わらない。いいものが見れた。

 ライブ動画形式だけど十分に楽しめたイベントだった。

 でも、でも、やっぱり会場で見たいよね。

 祭りの臨場感はその場にいないと味わえない。踊り子の息遣い、観客の歓声、会場の熱気、それらが作る祭りの空気を私は感じたいんだよね。大声で声援を送ったり、そのために龍角散のど飴を舐め続けたり、合間にビールを飲んで会場の雰囲気を楽しんだり、たまに飛び入り参加で踊ったり、動画を見ていると毎年やっていたことが思い出されてきて、ますます会場で見たい欲が強まってくる。

 来年こそは何としても開催してほしいな。

 そういうことをSNSで呟いたら公式に取り上げられてしまった。これは思わずスクショしてしまったよ(笑

 祭りの後は余韻に浸りたくなる。のんびり物思いに浸りたくなって、しっぽりと飲みたくなって、最後は近くのバーで一人酒。本当は近しい友人たちと札幌で打ち上げしてたんだろうけどね。

f:id:shoumatch:20200620235028j:plain
 この記事、改めて上から読み返してみると、やっぱり、祭りが中止になって寂しいとか、残念とそういう言葉ばかりだな。まぁ、それが一番のホンネだから仕方ない。そりゃそうだ。今年も札幌に行く気満々だったからな。

 来年はどうなっているかな。

 今回のような記事ではなく昨年のような記事が書けるような状況になっていてほしい。

遠い日の記憶

 ふと理由もなく、小さい頃の記憶がフラッシュバックすることがある。

 先日、本当になんの前触れもなく、遠い日の記憶が蘇ってきた。なんでだかわからない。だけど本当に突然頭の中に降ってきて、とても懐かしい気分になった。

 いつの頃だろう。おそらく3歳か4歳くらいの頃だ。祖母の家の前の通りをアンパンマンカーに乗って遊んでいた頃の記憶。

 祖母はまだ健在だけど、祖母の家はすでにない。

 祖父が亡くなってからは祖母はその家にずっと一人で住んでいた。祖母の住んでいた所は地方の田舎街で、祖母の子供(つまり私のおじやおばに当たる人)はみんな都市部に出てしまっている。私の親もそうだ。

 祖母の家までは車で4時間近くかかる。昔は今ほどに高速道路が整備されてなかったので、6時間以上かかっていたはずだ。祖母が高齢になるにつれて、一人で住み続けるには心配ということで、家を引き払って、今は私の実家で両親と暮らしている。

 家を引き払う前に、墓参りを兼ねて祖母の家に行き、色々写真を撮っていたのを思い出した。写真を見返してみる。

f:id:shoumatch:20200609224154j:plain

f:id:shoumatch:20200609224216j:plain 子供の頃から変わらない景色が写真の中に広がっている。この感情はなんだろうか、懐かしさと言うのか、ノルタルジックと言うのか。ともかく、写真を見ていると急激に祖母の家が恋しくなってくる。

 小学校に入ったくらいからは年に1回、お盆の時に行くという感じ。

f:id:shoumatch:20200609224320j:plain 頻度は少なかったけれど、小さい頃から毎年ずっと通っていた家なだけに、いろんな思い出が染み付いている。

f:id:shoumatch:20200609224344j:plain 幼いいとこをあやした記憶、一緒にファミコンをした記憶、押入れの中で布団にくるまって遊んだ記憶、近くの商店にカプリコを買いに行った記憶、懐かしい。

f:id:shoumatch:20200609224426j:plain 社会人になるまでは、年に1回というペースは守れていた。社会人になって上京してからは、数年に1度になってしまった。

 年が経つにつれて、私は大人になり、確実に時間は流れているんだけど、祖母の家は、そこだけ時間が止まっているかのようで、何も変わっていない。そのせいか、祖母の家に行く度に、子供の頃の記憶が鮮やかに蘇ってきたのを覚えている。

 子供の頃の遊び道具がそのまま押し入れに仕舞われていて、本当に懐かしい思いになる。そして外を歩けば歩いたで、小さい頃にその通りを歩いたことが思い出されてくる。

f:id:shoumatch:20200609225122j:plain

f:id:shoumatch:20200609225326j:plain 小学生の頃、この記念碑のある広場の前でラジオ体操をやったな。もう25年以上も前の出来事になるのか。

f:id:shoumatch:20200609225357j:plain この街にまた行くことがあるんだろうか。海沿いにある、漁業と農業が中心産業のこの街に。

f:id:shoumatch:20200609231201j:plain

f:id:shoumatch:20200609231218j:plain 親戚はほとんどいないし、行く理由がなくなってしまっているな。行くとしたら墓参りくらいか。東京からだと行くのが大変だな。

f:id:shoumatch:20200609231247j:plain
f:id:shoumatch:20200609225156j:plain 変わらないものはないと思いつつ、変わってほしくないものもやっぱりある。

 変わって欲しくないものがなくなるのは、非常に寂しいし、心にぽっかりと穴が空いてしまったような気持ちになる。その記憶がフラッシュバックする度に、都度その想いに駆られるんだろうな。

f:id:shoumatch:20200609225550j:plain

f:id:shoumatch:20200609225623j:plain これらの写真は4年前に撮った写真だ。確かこの翌年に家を引き払ったんだっけか。もうこの家に来るのは最後かもと思って、家や家の周囲の写真をいろいろ撮ってたんだっけ。

 小さい頃はただ散歩するだけってつまらないと思ってた。大人になると、それはそれでいいものだって思えてくる。思い出のある風景の中を散歩するって言うのは、得も言われぬ心地よい気持ちになる。

  最後かもと思っていろいろ撮ってたけど、結局、これが本当に最後になった。
f:id:shoumatch:20200609225755j:plain
 それ以降、祖母の家には行っていない。家自体はあることにはあるが、私の知らない遠縁の親戚が住んでいる。おそらく、もう行くことはないだろう。

f:id:shoumatch:20200609231030j:plain この気持ち、なんて表現すればいいんだろう。自分の表現力の無さを情けなく思ってしまう。もう少し時間が経った後でもいいから、この気持ちを表現できるぴったりの言葉を見つけたい。

 とにかく、写真、残しておいて良かった。

 こういうの大事だ。

 そんな記憶。

遺伝子検査をやってみた!

 少し前の話になるけど、遺伝子検査をやってみた。

 申し込んだのはこれ。

 Makuakeでクラウドファンディングとしてやっていたのを偶然発見。遺伝子検査は以前から気になっていたので、いい機会ということで早速の申し込み。

 検査料金は18000円。

 この値段を高いと思う人もいるとは思うけど、私としては、自分の遺伝子的なリスクという、死ぬまで役に立つ情報を18000円で買えるということで、全然安いと思ったわけだ。人生100年時代と言われている今、自身の健康に関する情報は何より大事なのだ。

 ちなみに、遺伝子検査とは唾液などに含まれるDNAを取り出して、そこから身体的特徴や健康リスクを調べるというもの。病気には遺伝的要因と環境的要因があって、遺伝子的な要因に基づくリスクを環境面の改善によって軽減することもできる。遺伝的リスクを知るのはとても意味のあることだ。だいぶ前の話だけど、アンジェリーナ・ジョリーが遺伝子検査の結果から、病気を発症する前に乳房を切除したとして大きな話題になったよね。 
 
 遺伝子検査の精度という問題はあると思う。今回私が受けた遺伝子検査は、研究論文を根拠に判定しているようだが、まだまだ発展途上の分野なので、論文の解釈や、今後の研究分野の進展によっては、話が変わってくるとのことだ。どこまで信じるかという話ではあるけど、ものは試しでトライ。

 ちなみに、上記のサイトには下記の記載がある。最新の研究結果を反映して結果が随時アップデートされるとのことだ。

1.ジェノプラン遺伝子分析サービスの科学的根拠は何ですか?

ジェノプランは世界的に著名な学術誌に掲載された論文とアジア人を対象にした研究結果を参考として遺伝子を総合的に分析します。そして、その分析結果をもとにカスタムガイドを提供します。最近、遺伝子分野はどの分野よりも急速に発展しており、毎年膨大な量の新しい研究結果が発表されています。ジェノプランはこのような新しい研究結果を継続的に反映しており、最新の研究成果を反映した検査結果をお客様に提供しているため、以前受け取った検査結果がアップデートされることがあります。 

  こんな感じで届いてくる。説明書と認証キーの登録方法の案内と検査キットが同封されている。

f:id:shoumatch:20200526224307j:plain

f:id:shoumatch:20200526224332j:plain

 この検査キットに唾液を一定量入れて、検査薬を加えたものを郵送すると、結果をレポートとしてウェブ上で見ることができるのだ。

 だいたい2週間くらいで結果が出る。ガン、一般疾患、体質の観点で約600項目にわたって遺伝子的なリスクを表してくれる。

 結果はこんな感じ。まずはガンの項目。

f:id:shoumatch:20200526230131p:plain

f:id:shoumatch:20200526230222p:plain
 どうやら私は胃がんの遺伝的リスクが最も高いようだ。発症リスクが4.35倍。ちなみに、この発症リスクというのは、対象人口の発症率に基づいた私の発症リスクの倍率だそうだ。

 病気の説明、年代別の発症リスクの推移、信頼性の記載もある。

f:id:shoumatch:20200526230417p:plain

f:id:shoumatch:20200526230422p:plain

f:id:shoumatch:20200526230425p:plain

f:id:shoumatch:20200526230429p:plain

f:id:shoumatch:20200526230433p:plain

 今の生活習慣を続けた場合、私は80歳までに胃がんを発生する遺伝的なリスクが40%程度あるみたいだ。ちょっとこれにはショック。

 信頼度は95点。もちろん参考文献の解釈次第というのはあるだろうから、素直のこの結果を受け止めるのも考えものという気もするけどね。ともあれ、特に胃がんには気をつけなきゃいけなさそうだね。

 次は一般疾患。脳疾患のリスクでは、私はALSのリスクが高いようだ。あとはアルツハイマー脳出血。脳の疾患にはなりたくないなぁ。ここら辺も気をつけたいところ。

f:id:shoumatch:20200526231345p:plain

 あとは、やっぱり気になるメンタルヘルスパニック障害のリスクは高いけど、それ以外は平均よりリスクは低いようだ。これはちょっと嬉しい。(もちろん、メンタルヘルスを損ねるような環境は絶対避けるべきだけどね。)

f:id:shoumatch:20200527230823p:plain

f:id:shoumatch:20200527230829p:plain

 体質では脱毛という面白い項目があった。どうやら私はハゲになりやすいようだが、円形脱毛症にはなりにくいようだ。ハゲは隔世遺伝と聞いたことがあるけど、確かに祖父はハゲていた。ただ、毛髪の太さは「太い」とあるけど、私は細いほうだ。これは当てはまらない。

f:id:shoumatch:20200526231033p:plain

 体質のフィットネスの項目。ここについては私はなかなか優秀な遺伝子のようだ( ̄▽ ̄)

f:id:shoumatch:20200527230603p:plain

f:id:shoumatch:20200527230610p:plain

 体質については、自覚しやすいところだから当てはまる・当てはならないというのははっきり分かるところだね。

 例えば下記、アルコールフラッシュ反応でアルコールによる顔の赤くなりやすさを示すもの。結果では赤くなりにくいという結果だけど、実際は全くの逆。私はすぐに赤くなってしまう人間だ。しかも全身が真っ赤になる。全く当てはまらない。

f:id:shoumatch:20200526231227p:plain

 ちなみに、90歳以上生きる可能性は「高い」ということで、私は長生きするっぽいね。(胃がんと付き合いながら生きるのかぁってね)

 次は花粉症。結果は「少し高い」。実際のところ私は花粉症持ちだ。これは当てはまっていると思う。

f:id:shoumatch:20200526231408p:plain

 ちなみに花粉症については、環境的要因は「研究データ収集中」となっている。おそらくこれは参考となる研究結果が出たら、より精度の高い結果になるんだろうね。

f:id:shoumatch:20200526231505p:plain

 さてさて結果を見て、素直な感想は「ふーん」というもの。

 遺伝的なリスクがあると言われても正直実感がわかない。自覚のある結果であればもっと別な感想になるんだろうけど、特にガンのリスクについてなんかは、「へー」とか「ふーん」とか、その程度の感想にしかならない。

 特に体質のところでは、当てはまる結果と当てはまらない結果がはっきりとわかるので、その結果が混在されると、どこまで信じでいいのかが判断できない。どう捉えるかは難しいところだ。

 あと、この結果は最新研究を受けて随時アップデートされるので、アップデート前後で結果も大きく変わる。

 例えば、下はアップデート前の結果。ガンの発症リスクは肝臓がんが最も高く、80歳までの発症確率は15.2%という結果だった。

f:id:shoumatch:20200527232250p:plain
f:id:shoumatch:20200527232253p:plain

 それがアップデート後の結果になると、発症リスクは1.01倍でほぼ平均値、発症確率も2.75%。アップデート前は高リスクだったのが、アップデート後は平均値に変わっている。

f:id:shoumatch:20200527232504p:plain
f:id:shoumatch:20200527232510p:plain

 遺伝子検査はまだまだ発展途上の分野だから、結果が変わるのは仕方ないだろう。むしろ、随時アップデートしてくれるのはありがたい話だ。

 一方でどこまで信じるかは、やはり判断が難しいところだから、結果についてはそこまで信じすぎてもいけないと思う。

 言ってしまえば占いみたいな位置付けに捉える感じかな。良さそうな結果についてはニヤリとして、良くない結果については気をつけよっかなってくらい。

 まぁ今はその程度に捉えて、アップデートの度にどんどん精度が上がっていってくれればOKということで。

 少なくともこの結果は、確実に日々の生活習慣を見直すきっかけになるし、健康を意識することに繋がるから、そう言った意味ではプラスな情報ではあることは間違いないんだよね。

 いろんな意味で面白い検査だった。飲み会とかで話したいネタだ。