【旅行記】台湾旅行記(2018/04/13〜18)3日目後半〜台東街歩き編

台湾旅行記3日目。この日は4/15(日)。

台湾旅行記のこれまでの話は以下の記事をどうぞ! 

shoumatch.hatenablog.com

shoumatch.hatenablog.com

shoumatch.hatenablog.com

shoumatch.hatenablog.com

この日は、以下を見て回りました。(概要編の再掲)

・4/15(日)
 旺旺鶏肉飯 → 原台東神社忠魂碑 → 龍鳳仏堂 → 龍鳳宝玉塔 →
 蕭家有夠讚肉圓 → 捷安特-台東站 → 鐵道藝術村(鉄道芸術村) →
 台東県私立長青老人養護中心 → 海浜公園 → 炒上鮮平価熱炒 →
 タイタン トラベラー ホテル

地図にするとこんな感じ。(地図の左上のメニューから日別に表示したり、具体的な場所の情報が見れます)



この日は、夜も明けきらぬ時間から、台東トライアスロンに参加しており、競技が終わってホテルに戻って来ても、まだお昼過ぎという時間。

バイクを返す必要があったんだけど、ちょっと休みたいという声があり、ひとまず15時までは自由時間。

まずはシャワーを浴びて、汗を流す。

お腹が減った。

トライアスロン後で、且つ、お昼時ということもあり、お腹はペコペコ。お昼ご飯を食べに行く。友人の1人は休みたいということだったので、もう1人の友人とお昼を食べに行く。

激しい運動の後だったけど、体の方は大丈夫。動けないほどの疲労ではないし、筋肉痛もまだ来ていない。

運動後のクールダウンということで、のんびり歩きながらお店を探す。ふらっと見つけた旺旺鶏肉飯というお店に、ふらっと入る。

f:id:shoumatch:20180527175242j:plain
f:id:shoumatch:20180527175237j:plain

お腹は空いていたけど、激しい運動後のせいか、そこまでガッツし食べたい気分でもなく、炒飯と野菜炒めを注文。なんだが無性に米が食べたかった。運動後のご飯はやっぱり美味しい!

昼食後、15時までまだ時間があったので、街を歩くことにした。友人とはここで一旦別れて単独行動。体力的にはまだまだ大丈夫。昨日行けなかった龍鳳寺に行くことにする。

龍鳳寺は鯉魚山という山の麓に立っている。旧台東駅のすぐ側にある。
遊歩道が整備されており、遊歩道の入り口をまっすぐ進んで行くと、赤い鳥居のようなものが見えてくる。

f:id:shoumatch:20180602154041j:plain
f:id:shoumatch:20180602154048j:plain

鳥居の先には原台東神社忠魂碑という塔が立っていた。

f:id:shoumatch:20180602155304j:plain
f:id:shoumatch:20180602155410j:plain

入り口が閉ざされていたので、建物の中には入れず、外観だけを眺める。側では小さな娘さんとその父親が遊んでいた。

そこから少し歩くと、龍鳳寺(龍鳳仏堂)が見えてくる。地球の歩き方にも載っている、台東の見所の一つと思われる場所。

f:id:shoumatch:20180602155751j:plain

とても大きな建物。1階は事務所。あと、なぜかカラオケの設備が用意されていて、外にも思いっきり聞こえるほどの大音量で、カラオケの音が流れている。もちろん歌っている人の声も丸聞こえ。そして、このお寺だけでなく、龍鳳寺の敷地のあちこちからも、カラオケと思われる音と歌声が聞こえてくる。

このお寺は観音菩薩を祀っているようなのだけど、そんな施設で大音量でカラオケを歌ってるって、なんだか不思議。お寺の中では、複数人のグループで歌っているのか、男性の歌声と女性の歌声が聞こえた。神聖な場所で何やっているんだかと思いつつも、これも、もしかしたら台湾(台東?)の文化なのかな。少なくとも私は、こういう場所でのカラオケはゴメンだなぁ。

建物の中は見学が自由。見学客は私以外に、家族と思われるグループが1組いたくらい。カラオケの音もあまり響いては来ず、静かな空気が流れている。

f:id:shoumatch:20180602160836j:plain
f:id:shoumatch:20180602160901j:plain

家族と思われるグループは祭壇の前(写真右側)で、赤い木片2つを床に投げては拾い、投げては拾いの繰り返しのことをやっていた。お参りの一種かなと思い眺める。

調べて見ると、どうやら、台湾式のお参り、「拝拝」と呼ばれるものらしい。願い事を込めて、赤い木片2つを投げて、表裏の出方により占うものらしい。

龍鳳寺のそばには、龍鳳宝玉塔という塔が立っている。上まで登ったら眺めが良さそうだなと思い、上まで登れるかわからなかったが、とりあえず向かって見ることに。

途中、猫に遭遇。すっごい警戒されてる。。。

f:id:shoumatch:20180602164106j:plain

龍鳳宝玉塔。なかなか色が派手な塔だ。

f:id:shoumatch:20180602164407j:plain
f:id:shoumatch:20180602164415j:plain

塔には装飾として龍が飾られている。

f:id:shoumatch:20180602170346j:plain
f:id:shoumatch:20180602170359j:plain

上に登る階段があり、閉ざされているわけでもなかったので、登って見る。塔の中には、遺骨を納めていると思われる一室があり、明らかに観光客が来るような場所ではなさそうだ。とはいえ、係員の人から何も言われなかったので、まぁ、気にしない。

急な階段を登り、7階くらいまで登って、頂上に着いた。街を一望できる、良い眺め。もちろんこの場所で見ている人は私1人だけ。この景色を独り占め。曇りなのがちょっと残念。

f:id:shoumatch:20180602165448j:plain

景色を眺めていると、旧台東駅(上の写真の中央右部の緑地帯)の奥に教会らしき建物を発見した。台湾にきて教会を見たことがなかったので、とっても気になる。時間があったら行ってみよう。
f:id:shoumatch:20180602165632j:plain

ちなみに、高いところから撮った龍鳳寺。個人的には上で載せた龍鳳寺の写真よりも、こっちの写真の方が好き。

f:id:shoumatch:20180602165100j:plain
ちなみに、ここからもカラオケの音は聞こえてきた。日本の昔の曲も流れていて、両親世代の聞いたことがある曲だったんだけど、曲名までは思い出せなかった。

龍鳳宝玉塔を降りると、雨が降ってきた。この後、自転車を返す予定なので、雨は勘弁してほしい。約束の時間が迫ってきていたので、ここでまたホテルに戻る。

ホテルに戻り、友人と合流。バイクを返しに行く。昨日借りたレンタルバイク屋台東駅の近く。ホテルからは5kmくらいの距離。

小雨が降る中、バイクを返しに向かう。途中、蕭家有夠讚肉圓というお店の前で信号待ち。すると、この店に寄って見たいと友人に誘われる。なんでも、店の外では、肉まんを油で揚げたような料理を作っており、それがなんとも美味しそうで、食べて見たかったようだ。私としては、小雨が降っており、本降りになる前にバイクを返したく、先に進みたい気持ちもあったが、友人2人が入る気満々だったので、それに合わせて寄ることにする。

店の中に入る。バイクには鍵をかけておらず、盗難が怖かったので、外に置いたバイクをチラチラ確認しながら、席に座る。そわそわしてちょっと落ち着かない。

料理は、肉まんを揚げたものとスープを注文。3人でシェア。

f:id:shoumatch:20180602171805j:plain

www.facebook.com

肉まんはなかなか独特な味。ふっくらというよりかは、もちもちといった食感。確かに初めて食べるような料理だ。

店の中で料理を食べていると、いよいよ雨が本降りになってきた。やり過ごせるような強さではなかったので、諦めてこの店で雨宿りをすることにする。雨宿りしている間、カンボジア在住の友人が、中国語で店の人たちと食材について色々会話をしていた。ちょっとびっくり。いつの間に中国語を覚えたのだろう。

10分くらい待つと、雨も弱まってきた。レンタルバイク屋(捷安特-台東站)に向けて再出発。特にずぶ濡れになることなく、バイクは返却。バイクを返却した時点で、時間が大体16:00くらい。

この後の予定は決めておらず、レンタルバイク屋の近くにある、台東駅で作戦会議をする。友人2人は、この後、台東の近くにある、知本という温泉が有名な街に行きたいと言う。私としては、この時間から知本に行っても温泉に入って終わるだけで、知本の街を歩けるわけではなく、また、台東の街も歩けなくなるので、いろいろもったいない気がして、その誘いには断ることにした。

19:00に再集合する約束をして、ここで再び単独行動をすることに。駅のホームまで彼らを見送る。

f:id:shoumatch:20180602174743j:plain
f:id:shoumatch:20180602174751j:plain

タクシーに乗って、再び旧台東駅へ戻る。値段は200元くらい。雨はすっかり止んでいる。ありがたい。

台東駅について、散策開始。鐵道藝術村(鉄道芸術村)を見て回る。なかなかオシャレな建物が並んでいる。下の写真はコンテナで作られたショッピングエリア。

f:id:shoumatch:20180602175027j:plain
f:id:shoumatch:20180602175018j:plain

公園内ではフリーマーケットが行われていたり、イベントブース(?)の上で寝ている犬がいたりと、平和な日常な光景。

f:id:shoumatch:20180602175116j:plain
f:id:shoumatch:20180602175205j:plain

先ほど、龍鳳宝玉塔で見つけた、教会らしき建物が気になっていたので、そこに向かうことにした。教会らしき建物は、教会ではなく、台東県私立長青老人養護中心という高齢福祉施設だった。教会だったら中に入って見みようと思ったけど、流石にここは入れないね。
f:id:shoumatch:20180602175621j:plain

この建物は海沿いに立っており、すぐそばには海浜公園が広がっている。

f:id:shoumatch:20180602180513j:plain
f:id:shoumatch:20180602180508j:plain

海沿いの公園で、しかも夕暮れ時ということで、なかなか良い雰囲気。家族連れ、カップル、友人同士、結構な人が散歩していた。

砂浜の方まで歩いて行く。久々に波の音を聞いた気がする。波が砂浜の方に押し寄せてきて、波が引くときに、波が砂利を鳴らす音がなんとも心地いい。やっぱり自然が作る音ってのは良いね。とてもリラックスできる。

f:id:shoumatch:20180602180800j:plain

のんびり公園を歩く。散歩するにはちょうどいい広さだ。

18:30くらいにホテルに戻る。集合は19:00なので、その時間まで帰りの荷造りをする。もともと荷物がパンパンだった上に、トライアスロンの受付時にいろんなグッズをもらったので、それが全部収まるか心配だったけど、捨てた服(2日分)のスペース分、バックに空きが出たので、そこになんとか押し込む。

夕食は、台湾の友人がオススメの、炒上鮮平価熱炒というお店に行く予定。19:00に現地集合ということになった。

外を見ると、また雨が降り出していた。外に出るのをためらってしまうような強さ。雨具は持ってきていなかったので、仕方なく、トライアスロンでもらった帽子をかぶって、お店に向かう。ちょうど私が店についたタイミングで、友人たちもお店に着いた。

f:id:shoumatch:20180602182434j:plain

席は、外のスペースで、天井だけ覆われている、屋台のような雰囲気がするエリア。

タイガービールというシンガポールのビールが5本で300元というセットがあり、それを注文する。お店の人は英語が通じたので、中国語で書かれたメニューを見ながら、これは何かと聞きまくり、料理をオーダーする。

鶏の揚げ物、炒飯、客家小炒(スルメ、豚肉、厚揚げの炒め物)、炒麺、海鮮鍋(写真撮り忘れた。。。)、麻婆豆腐、焼き鯖、マグロの刺身を注文。これらの料理とお酒を合わせても1600元(約6000円)くらいしかかからなかった。うん、安い!

f:id:shoumatch:20180602183316j:plain
f:id:shoumatch:20180602183347j:plain
f:id:shoumatch:20180602183351j:plain
f:id:shoumatch:20180602183324j:plain

f:id:shoumatch:20180602183910j:plain

どれも美味!さすが台湾の友人のオススメのお店!海外での刺身は少し抵抗があったが、普通に美味しかったし、何の問題もなかった。台東は海が近いので海鮮が美味しいようだ。

トライアスロンの話や、カンボジアの話(友人の1人はカンボジア在住)、互いの近況に着いて盛り上がる。

21:00くらいにお店を出て、ホテルに戻り、私の部屋で2次会。が、私はここで疲れ&酔いが回ったらしく半分くらい寝てしまっていた。友人たちは洗濯をしに何度か部屋を出入りしていたらしいが、あまり覚えていない。


あまり覚えていないけど、24:00過ぎに解散していたと思う。
友人の1人は、明日、7:00に台東を出発して高雄に戻るようだ。寝ぼけながらも7:00に見送ることを伝えて、そのまま寝てしまった。

3日目終了!4日目に続く。